言語を選択:
  • English
  • 日本語
  • 中文 (繁體)
  • 中文 (简体)
newsletter

生ジュースで健康効果

ここ最近人気上昇中の健康習慣といえば、絞りたての生ジュース。ヘルス・フィットネス関連業界で熱い注目を浴びています。市販のジュースと比較すると、化学物質が無添加な上、天然の複合ビタミン、ミネラル、フィトケミカル(植物栄養素)を摂取することができます。さらに、手軽にヘルシーに野菜や果物を取ることができます。ただし、以下の点に気をつけましょう。

  1. ジュースだけに頼らない。意識して毎日なるべく多くの種類の果物や野菜を食べ、1日に必要なビタミン・ミネラル所要量を満たすことが大切です。
  2. 絞りかすの繊維をジュースに加えたり料理の材料に使う。大半のジューサーは、食材の持つ繊維質を残してしまいます。健康効果抜群の食物繊維を余すところなく使いましょう。
  3. カロリー過多にならないよう注意する。特に果糖を多く含む果物は、高カロリーになりがちです。このため、生ジュースの材料は野菜中心にするのが無難。またカロリーを低く抑えつつタンパク質を摂取するには、ホエイ・プロテイン(乳清タンパク)やフラックスシード(亜麻)を追加するのがお勧めです。
  4. 減量やデトックス目的で生ジュースを飲まない。生ジュースだけの食生活では、栄養が偏ってしまい、長続きしません。あくまでも、栄養強化を目的として食生活に追加し、できるだけ多くの野菜や果物を多く取り入れることを考えましょう。

最後に、さっぱりとして美味しい自家製生ジュースのレシピをご紹介します。絞った後に残った繊維質は、あとで野菜スープに利用しましょう。

  • ホウレンソウ½束
  • ケール½束
  • ニンジン¼袋
  • ブロッコリ1個
  • 青リンゴ(芯を除いたもの)1個
  • セロリ6本
  • キュウリ1本

Author: Natasha Ganes

Share This Post On