言語を選択:
  • English
  • 日本語
  • 中文 (繁體)
  • 中文 (简体)
newsletter

あなたにピッタリの自転車はどのタイプ?

春らしい陽気の下、屋外でのエクササイズに最適な季節となりました。この時期、屋外を満喫できる上に身体への負担が軽く、かつ筋肉を適度に鍛えられるエクササイズとしてお勧めなのが自転車です。買い物や通勤など日常の生活に積極的に取り入れたいものですが、いざ自転車を選ぶとなると種類が多すぎて、自分に合った一台を探すのにお困りの方もおられるのではないでしょうか。そこで、以下に自転車の種類をまとめました。まず、どんな時にどんな場所で自転車に乗るのかを特定し、リストを参考にして、あなたにピッタリの一台を見つけてください。

クルーザー:ビーチクルーザー、クルーザーバイクなどの呼び名で知られています。重量のあるフレームと反り返ったハンドルが特徴です。また、サドル部分には厚手のクッションが敷かれており、バルーンタイヤを採用しているため、快適な乗り心地です。クルーザーは、重い荷物を運びつつ舗装された路面をゆっくり走りたい方にお勧めです。

シクロクロス:舗道、砂利、芝など、多種多様な路面に対応できるロードバイクです。ドロップハンドルと幅広のオフロードタイヤが使われています。軽めの重量を運ぶことが想定されており、あらゆる路面を走れるデザインで、通勤用にお勧めです。

フラットバー(平ハンドル):軽量のフレームと細めのタイヤが使われており、ラックを装着すれば通勤に便利です。通常のロードバイクのドロップハンドルが好みではなく、軽量でパフォーマンス性の高い自転車をお探しの方にお勧めです。

シティ:ママチャリの愛称で親しまれています。ロードバイクとマウンテンバイクを合わせた自転車で、雑種を意味するハイブリッドと呼ばれることもあります。大きなサドル部分には厚手のクッションが敷かれており、ハンドルは握りやすいトンボ型で乗り心地が良く、舗装、未舗装両方の路面に対応しています。近距離を走るのに適しており、ちょっとした用足しなど、近所を走りたい方にお勧めです。

マウンテン:荒いオフロードの路面を走ることを目的としてデザインされており、頑丈なフレームと急な衝撃にも耐え得るハンドル設計で、主に凸凹の激しい山道などの路面を走行したい方にお勧めです。

ロードレーサー:競技用にスピードを出すことを目的としたデザインで、付属品は最小限に抑えられており、ドロップハンドルにより空気抵抗を最小限に抑えた軽量のフレームでパワフルな走りを実現します。トライアスロンや競技大会への出場を考えている方にお勧めです。

ロード:軽量のフレームと細いタイヤ、ドロップハンドル、高めのサドル位置が特徴で、舗道で速く走ることを目的としたデザインです。重い重量を運ぶようには設計されていないため、舗道でのレースに適しています。

ツーリング:自転車旅行用に、舗道を長距離走ることを目的としています。快適に安定した走りを目指したデザインです。また、重量のある荷物を運べるよう荷台や泥除けなどの付属品を装着できるようになっています。長距離の通勤や旅行に最適です。

Author: Natasha Ganes

Share This Post On